添削にゃんこパーカー
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/19

添削にゃんこパーカー

残り2点

¥6,300 税込

送料についてはこちら

「人肌が恋しい」と各SNSで言ってる馬鹿を添削にゃんこ先生が添削してくれています。 「寒くなってくると毎年どこからともなく湧いて出てきますが、この言葉をSNSで多用するのは男女問わずに頭が空っぽです。なんの風情もない。男女問わず全員しょうもない。」 厳しい言葉で坂系アイドルの俳句前半部分を添削するにゃんこ。真っ赤なペンで大きく“←うるさ。”と書いた。 これはかなりキレてる。スタジオに緊張が走る。 「特待生1級まで行っといて、どうしてこんな・・・」ぶつぶつ言いながら後半部分の添削に移る。 「セックスがしたい!?」 先生の声がスタジオに響き渡る。これはマズイとさすがのハマちゃんも顔を青白くしている。スタッフも出演者も全員がイヤな汗をかいている。ただ1人、そう永世名人・梅沢富美男を除いて。 「・・・感動しました!こんなにできる子だったのね。」 真っ赤な大きな丸を描き、これ以上ない賛辞を送る先生。 「最悪の前半かと思ったら、全体で通して見たときに後半部分をより輝かせるための美しいティアラだと気付きました。私も考えつかないものすごい手法。文句なしで名人昇格です!」 スタジオが割れるような歓声に包まれた。 「名人昇格〜!!!!」ハマちゃんの甲高い声が響く。 「アイドル初ちゃう〜!?自分すごいな!?」 名人に昇格したアイドルよりもハマちゃんが本当に嬉しそうで微笑ましい。 収録が終わり、添削されたホワイトボードを永世名人・梅沢が眺めている。 ------------------------------------------- 「人肌が恋しい」←うるさ。 「セックスがしたい」←最高、よく言えました。 ------------------------------------------- 「先生にゃかなわねぇなぁ・・・」 頭を掻きながら楽屋へ戻る梅沢。 スタジオでたった1人、梅沢だけが気付いていたのだ。  先生がアイドルの俳句を添削しつつ、ホワイトボードに新たな短歌を完成させていたことに。 XXLサイズ 着丈78cm 肩幅54cm 身幅62cm 袖丈65cm United Athleの8.8ozのスウェットパーカーのXL。 裏パイルで8.8オンスとは思えぬふっくら感のある厚みと丈夫さを実現。大きめ二重フードの立体的なシルエットが着こなしのアクセントになります。