ボロボロの歯でピザを食べながら泣く女シャツ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

ボロボロの歯でピザを食べながら泣く女シャツ

残り1点

¥3,900 税込

送料についてはこちら

XXL 着丈81cm 胸囲120cm 袖丈26cm 肩幅47cm これは歯が痛くて泣いてるんじゃなくて、歯がボロボロで食べたいものを好きに食べられないことが悲しくて泣いてます。やりたいのに身体的などうしようもない理由で好きなことができない。一番辛いことです。この葛藤を描いています。 これを単純に「歯が痛くて泣いてる」と解釈する国語力のない人はいじめっ子になりやすいと尾木ママが言ってました。 この間Twitterで俺をいじめてきた夢○語れ鳥取店の店長は完全にそれです。国語力、つまり共感力や想像力がないから平気であんなこと言うわけです。 「マジであの人は人の上に立つ仕事向いてないわよ。すぐに店長辞退すべき。人間性がもうゴミ。終わってるクソ旅好きチンコゴリラ野郎。」 そう語気を強める尾木ママを僕は「ママ、もう気にしてないから大丈夫。俺なんかのためにそんなに怒ってくれる尾木ママはとても優しい人だよ」と口付けしながら諫めました。 尾木ママはすぐに顔が赤くなる。そんなところがかわいい。 「そうね、もし彼が自殺でもしたら悲しむ人がきっといるわよね。言いすぎたわ。」と言うと尾木ママは残りのチャイナブルーを一気に飲み干した。 「まぁあいつは自殺したくなったら店放り出してでも世界に旅へ出るんだろうから大丈夫だよ」と僕がバーテンダーにチェイサーを尾木ママに出すように合図しながら返すと、尾木ママは「もう!ヤダ!!!」とバーチェアから転げ落ちる勢いで笑っていた。 そんなに面白いこと言わなくても大笑いするのは尾木ママが酔ったときの最大の特徴だ。 尾木ママがこうなるとこの後は決まってあのセリフが出る。 「ねぇ。カルティニのスイートルームとってあるのだけどそこで飲みなおさない?」 そら来た。「ママとなら朝まで付き合いますよ。語りましょう、夢じゃなくて、愛を。」「愛を語れ広島店、開店ね。」そんな会話をしながら会計をして夜の流川に消えていく2人。 その2つの影をバーテンダーは「いってらっしゃいっ」と2人に届かない程度の声で言い、微笑みながら見送ったのであった。